脳の病気ガイド
お問い合わせリンク脳の病気ガイド

くも膜下出血

くも膜下出血は、多くの人が発病する可能性を持った脳の病気です。脳の機能に障害を起こすだけでなく、場合によっては命に関わる可能性さえ発生する、くも膜下出血はどのような病気なのでしょうか。
くも膜下出血の原因や症状、治療法などを紹介していきます。

くも膜下出血とは

くも膜下出血とは、脳を保護しているくも膜の下に出血が発生する病気のことです。豆腐に例えられることがあるほど脳は脆く、頭蓋骨とその下にある髄膜で厳重に守られています。この髄膜は三層に分かれ、頭蓋骨に近い方から硬膜・くも膜・軟膜となっています。くも膜下出血は、くも膜と軟膜の間に出血が生じている脳の病気なのです。

原因

くも膜下出血の原因の多くは脳動脈瘤と呼ばれる動脈に出来る瘤です。脳動脈瘤は他の部位に出来る動脈瘤と違って、症状を伴うことが無いため日常生活に支障を来たさないことがほとんどです。しかし、何かの拍子で脳動脈瘤が破裂することでくも膜下出血を引き起こします。脳動脈瘤以外の原因としては、脳動静脈奇形の破裂や頭を強く打ったことによる外傷性出血があります。外傷性出血によるくも膜下出血は、健康な人にも起こりうるトラブルであるため注意が必要です。

症状

くも膜下出血の症状は強い頭痛を起こすことです。その痛みは「バットで殴られたよう」と例えられるほど強い衝撃を伴います。頭痛だけでなく吐き気を起こすこともありますが、脳動脈瘤が破裂した場合は昏倒を引き起こすことがあります。他にも意識障害が発生したり麻痺が現れたりすることがありますが、場合によっては命に関わる事態に発展することがあります。

病状の悪化

くも膜下出血は、早急に適切な治療を行なわなければ様々な合併症を引き起こします。最も多い合併症は再出血で、脳動脈瘤の破裂を原因とするくも膜下出血に起こりやすい合併症です。出血が固まって血腫を作ると、脳梗塞を引き起こす場合があります。

検査

くも膜下出血の発症を確認する場合、脳脊髄液の採取検査を行ないます。これは出血が起こっていた場合、脳脊髄液に血が混じることになるからです。くも膜下出血の兆候となる脳動脈瘤や出血を確認するためには、脳血管に造影剤を注入して行なう脳血管撮影やCTスキャンが行なわれます。

くも膜下出血の治療法

くも膜下出血の治療は、「脳動脈瘤の破裂を防ぐ」ことと「出血を止めること」を目的に行われます。患者に手術に耐えられる体力がない場合は、脳圧降下剤の投与と安静にさせることで経過観察を行いながら治療法を決定していくことになります。

外科治療

基本的には、くも膜下出血の治療は外科手術で行なわれます。脳動脈瘤の破裂前と破裂後の両方に行なえる方法に、「開頭クリッピング術」があります。これは、開頭手術を行い事前に確認した脳動脈瘤に、チタンなどの人体に影響の無い金属を使ったクリップを挟む方法です。破裂しても出血が防げるため、再出血のリスクを抑えることが出来ます。脳動脈瘤の破裂前ならば、開頭手術を行なうことなく破裂を防ぐ「脳動脈コイル塞栓術」を行なうことができます。これは、足の付け根の大動脈から挿入した細い管(カテーテル)を脳動脈瘤に到達させ、プラチナ製のコイルを瘤内に充填して脳動脈瘤への血流を遮断する方法です。脳動脈コイル塞栓術は、開頭クリッピング術に匹敵する治療効果を発揮するだけでなく、患者の身体への負担も小さく済むというメリットがあります。

脳
<a href="http://braingd.com/" target="_blank"><img src="http://braingd.com/img/banner.gif" alt="脳" width="88" height="31" border="0"></a>

脳の病気ガイド

<a href="http://braingd.com/" target="_blank">脳の病気ガイド</a>

広告掲載