脳の病気ガイド
お問い合わせリンク脳の病気ガイド

脳腫瘍

身体に出来る腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍があります。ガンの一種である悪性腫瘍はともかく、良性腫瘍の場合は命に関わる恐れが無いため放置しても良いとされていますが、脳腫瘍の場合はそう簡単にいかないことがほとんどです。ここでは脳腫瘍の原因や症状、治療法などを解説していきます。

脳腫瘍とは

脳腫瘍は、脳組織に出来る腫瘍のことです。脳腫瘍には脳組織から発生する「原発性脳腫瘍」と、脳以外の場所から転移して発生する「転移性脳腫瘍」があります。

原因

転移性脳腫瘍の原因となるのは、他の臓器に発生した癌が血管を通じてガン細胞が脳に送り込まれることです。原発性脳腫瘍の場合、発生する原因が特定できていませんが、「遺伝」「化学物質」「電磁波」などが疑われています。

種類

脳腫瘍は、腫瘍の発生した脳の部位で分類されます。主な脳腫瘍を紹介していきます。

髄膜腫

髄膜腫は、脳を保護する髄膜に発生する腫瘍です。

下垂体腺腫

下垂体腺種は、脳下垂体周辺に発生する脳腫瘍です。

神経膠腫

神経膠腫は、脳神経や脳組織に発生する腫瘍です。

髄芽腫

髄芽腫は、小児に見られる小脳に発生する悪性腫瘍です。

症状

脳腫瘍の厄介な所は、腫瘍そのものが良性であっても脳機能や周辺の神経に悪影響を及ぼすということです。脳腫瘍が発生すると、その分だけ頭蓋骨内のスペースが取られ周辺の脳組織への血流を妨げてしまうことがあるのです。つまり脳腫瘍の症状は、「脳機能の障害」ということになるのですが、腫瘍の発生した脳の部位が持つ機能そのものに障害が発生するため、症状は一定ではありません。多くの場合、脳腫瘍患者には言語障害や視覚障害などの症状が見られます。けいれんや手の振るえなどの神経障害や記憶障害、場合によってはホルモン分泌の異常による身体の変化などが起こります。

脳腫瘍の治療

脳腫瘍の治療では、通常のがん治療と同じく化学療法と外科手術と放射線療法が行なわれます。

化学療法

抗がん剤を使用する化学療法は、脳腫瘍に対して有効な手段とは言いがたいものです。なぜなら、脳には血液中の異物の侵入を阻む「血液脳関門」という防壁が備わっていて、抗がん剤がこの血液脳関門で阻まれる場合があるからです。そのため脳腫瘍の化学療法では、血液脳関門を突破できる脂溶性の抗がん剤を主体とした治療が行われます。

外科手術

脳腫瘍の代表的な治療法でもある外科手術は、脳腫瘍の大部分を除去することが出来るため症状が劇的に回復することが多いといえます。基本的には、開頭手術を伴う腫瘍摘出手術が行なわれますが、下垂体線種のように脳下垂体に発生する脳腫瘍の場合は鼻から内視鏡を通す「経鼻手術」で摘出します。経鼻手術は、開頭を伴わないため患者への負担が小さいという利点があります。

放射線療法

脳腫瘍は、他の臓器に発生するガンに比べて小さいという特徴があります。そのため、放射線療法による治療はかなり有効な手段といえます。ただし、放射線療法では健康な細胞にダメージを及ぼす恐れがあるため、現場では「ガンマナイフ」「サイバーナイフ」と呼ばれる放射線治療器具による治療が行われます。ガンマナイフやサイバーナイフは、微弱な放射線を複数の方向から照射して、患部に集中照射を行なうという仕組みになっています。ガンマナイフやサイバーナイフによる脳腫瘍治療は、外科手術では届かない場所にある腫瘍にも効果を発揮するという利点があるのですが、健康保険を適用しても一回当たり50万円程度と医療費が高額になるというデメリットがあります。

脳
<a href="http://braingd.com/" target="_blank"><img src="http://braingd.com/img/banner.gif" alt="脳" width="88" height="31" border="0"></a>

脳の病気ガイド

<a href="http://braingd.com/" target="_blank">脳の病気ガイド</a>

広告掲載