脳の病気ガイド
お問い合わせリンク脳の病気ガイド

片頭痛

片頭痛は頭痛の一種で、症状の強い頭痛でもあります。場合によっては日常生活に支障をきたすことも珍しくありません。片頭痛は一体どのような原因によって引き起こされているのでしょうか。
ここでは偏頭痛の原因と症状、治療法などの情報を紹介していきます。

片頭痛とは

片頭痛は、頭に痛みが起こる頭痛の一種で左右どちらかに偏った痛みが起こるという症状を表すものです。女性に多く見られ、成人の8%が偏頭痛持ちであるという統計結果があります。

症状

偏頭痛は、その名の通り「偏った頭痛」で頭の片側に集中した痛みが起こる発作がみられます。片頭痛の発作は月に1〜2度から週に2〜3度のペースで起こり、数時間から数日間継続する特性を持っています。日常生活に支障をきたすほどの発作は、一度収まると次の発作が起こるまで完全に静まるという性質があります。頭の痛み以外の症状では、憂うつ感や食欲不振、イライラ感などの精神不安定などが起こります。

原因

偏頭痛の原因は未だに特定できていませんが、女性の場合は発作の周期が生理周期に関連しているケースが見られます。妊娠すると片頭痛の発作が見られなくなることもあり、何らかの関係があることは確かなようです。他にも脳内物質であるセロトニンの分泌によって脳内血管が収縮するのが原因であるという説や、脳内血管の拡張が原因であるという説などがあり、脳内血管に原因を求める説が一般的と言えます。

遺伝説

片頭痛は、家族性の遺伝病とみなされることがあります。実際、偏頭痛持ちの家族が居る人は片頭痛を起こす可能性が高まるという統計があり、染色体検査で特定遺伝子の欠損が見られることがあります。

睡眠時無呼吸症候群との関係

偏頭痛は、肥満の人に見られる「睡眠時無呼吸症候群」の症状の一つとして現れることがあります。睡眠時無呼吸症候群は、寝ている時の呼吸数が減少することで寝不足などを起こす病気ですが、アドレナリンの分泌が促進され高血圧を起こしやすくなるという弊害があります。このアドレナリンの作用で血管が拡張を起こし、片頭痛の原因に繋がると考えられています。

片頭痛の治療

片頭痛の治療では、内科治療による薬剤投与と薬を使わない対症療法で対処していきます。

対症療法

片頭痛の発作が出た場合、暗くて静かな部屋で安静にするのが効果的な対症療法です。頭痛は、外部からの刺激を受けることで発作が起こりやすくなるためです。また、痛みの出ている部分を冷やすことや、睡眠をとるのも発作を抑えるのには効果的です。

薬剤療法

片頭痛に効き目がある頭痛薬は数多く市販されていますが、発作が起こってからの鎮静作用を発揮する「トリプタン系製剤」と、症状の前兆が現れたときに服用する「消炎鎮痛剤」があります。片頭痛に効果のある薬は、基本的に血管の拡張・収縮作用を伴うため、心臓病や血管障害などの持病をもつ人が使うのは危険です。頭痛薬を使う前には、必ず医者の診察を受けて使える薬の種類を把握しておくのが最善といえます。

脳
<a href="http://braingd.com/" target="_blank"><img src="http://braingd.com/img/banner.gif" alt="脳" width="88" height="31" border="0"></a>

脳の病気ガイド

<a href="http://braingd.com/" target="_blank">脳の病気ガイド</a>

広告掲載