脳の病気ガイド
お問い合わせリンク脳の病気ガイド

高次脳機能障害は、今までできていたことの抑制ができなくなり、日常生活に支障をきたすようにも。
周囲からの理解が得られにくいとも言われ、付き合っていくことが難しい病気です。
高次脳機能障害を引き起こす原因には、交通事故といった外傷のほかに、脳血管障害(脳梗塞など)・低酸素脳症などがあるそうです。

【脳がダメージを受けると…】高次脳機能障害は事故からも

  • 脳は柔らかく、ダメージに弱い!

    脳は柔らかく、ダメージに弱い!

    身体の各器官に命令を出している脳は、硬い頭蓋骨に守られている繊細な器官です。もし、損傷を受けてしまうと体に悪影響が出ることに…。

  • 外傷で大きな後遺症が残る…

    外傷で大きな後遺症が残る…

    ダメージに弱い脳は、ちょっとした外傷でも大きな後遺症を残してしまう可能性もあるそうです。身体を守るためにも頭の病気を知っておくと◎!

  • もしかしたら弁護士の介入も必要に

    もしかしたら弁護士の介入も必要に

    交通事故による後遺症は、保険会社から提示された金額により弁護士の力が必要に!一人で悩まずに知識を持った人に頼ってみてはどうでしょう?

 
 

脳は、私たちの年齢とともに老化する身体の司令塔です。また、身体各部を司るとともにとても脆い器官でもあるようです。

脳という器官に強い外力や圧が加わっただけで、その部位の脳細胞は破壊されてしまい、身体への影響が否めないそうです。
脳に力が加わったらどのような病気を発症させていくのかを見て行きましょう。


【神経を司る脳は弱い!?】外傷から起こる脳の病気

脳は、身体の全神経を司る司令塔であり、回りを頭蓋骨と呼ばれる硬い骨に守られています。
脳の構造は、右脳・左脳と呼ばれる大脳半球、小脳、脳幹とされています。さらに、大脳半球は前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉に分けられています。
大脳半球の各部位ごとによって司る神経は細かく分けられており、役割が決まっているようです。

しかし脳は、衝撃に弱い器官でもあるため、骨がなければ大変なことになっているそうです。
衝撃を受けた脳に起こる病気を少し見て行きましょう。

小さな損傷も外傷性脳損傷なんだとか

外傷性脳損傷とは、交通事故や何らかの原因によって、脳に外部から衝撃を受けることを言うそうです。
外部から強い圧力がかかり、脳内で出血を起こすような損傷や画像診断の難しい小さな損傷も害症性脳損傷に含まれるようです。

症状は、感覚障害や麻痺、手足の震えを制御できなくなる失調症状、または記憶障害や注意力の低下など、高次機能障害と呼ばれる病気が見られることも…。
しかし、脳の一部に限った場所だけに外傷を受けることは少ないようで、損傷したときの状態(低酸素・脳挫傷など)により範囲は変わってくるんだとか。

大きな外力で高次脳機能障害などの後遺症が…

高次脳機能障害は、交通事故などによる脳への大きなダメージを受けて発症するのはもちろん、脳損傷や脳に起こった病気などが原因となり発症するとされています。
っと力になってくれることと思います。

高次脳機能障害の症状には、半側空間無視・失語症・現在地や場所の認識が難しくなる地誌的障害・注意力や集中力の低下・前頭葉に障害が見られることで起こる遂行機能障害・半側身体失認・記憶障害などがあるそうです。
どの症状が出現するかは外傷を受けた部位や、その範囲によって変わってくるようです。
っと力になってくれることと思います。

また、事故による高次脳機能障害が後遺症として残る場合など、保険会社側から示談金などを提示されることがあるそうです。しかし、事故により後遺症が残っているのにもかかわらず、提示された金額が低いなんてこともあるんだとか…。
他にも、事故に遭われた方で後遺障害の認定を受けている人で、保険会社から提示金額を表示されましたが、その金額が適正じゃなかった場合もあるそうです。
っと力になってくれることと思います。

交通事故に後遺症などが絡むと、金額の問題は更に難しくなりますが、このような場合には弁護士にお願いするのが一番です。できれば交通事故や事故による後遺症に詳しい法律事務所に依頼できると、多くの事案をこなしてきていることもあり、心強いそうです。
もし、交通事故による高次機能障害とそれによる示談に悩んでいましたら、むさしの森法律事務所の門を叩いてみてはどうでしょう。きっと力になってくれることと思います。

交通事故の後遺障害にお悩みなら、弁護士はむさしの森法律事務所が評判です

交通事故の弁護士なら、むさしの森法律事務所が心強い!

交通事故による脳損傷や高次脳機能障害においては専門的な知識が必要になるため、後遺障害対策なら実績と経験のあるプロの弁護士がおススメです!

脳への外傷が脳挫傷に

脳挫傷は、事故や転倒などにより脳に力がかかり、脳に出血や切れ目ができた状態を呼ぶそうです。損傷した脳細胞の再生は困難で、脳挫傷の症状や後遺症はダメージの大きさによって異なるようです。

脳挫傷の症状には、嘔吐・けいれん・運動麻痺・意識障害などが見られるようです。
また、治療をしても失語などの後遺症が残ることもあるそうです。

外部からの圧力により脳挫傷が生じやすい部位は、前頭葉・後頭葉・側頭葉の順になっているようです。



脳
<a href="http://braingd.com/" target="_blank"><img src="http://braingd.com/img/banner.gif" alt="脳" width="88" height="31" border="0"></a>

脳の病気ガイド

<a href="http://braingd.com/" target="_blank">脳の病気ガイド</a>

広告掲載